活動日誌

コロナ禍に負けず好調業種も!成田市の法人市民税が7.3億円増額補正。オミクロン株への警戒と水際対策。

成田国際空港のこと

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

休会日の今日は議会資料の読み込みなどをしています。

令和3年度の成田市の市税収入見込みが昨年度同様に厳しいものと想定されていたものの、業績好調な業種があり7.3億円を増額補正されています。

 

当初予算において予め低く見積もっていたこともありますが、コロナ禍に負けず好調企業があることは頼もしいかぎりです。

 

巣ごもり特需や米中経済の回復を背景にした製造業などの上振れ影響だと思いますが、目下話題のオミクロン株の蔓延による景況悪化が再発・・・というシナリオだけは勘弁願いたいものです。

 

 

さて、オミクロン株の感染者は世界各国に広がってきていて、日本でも水際対策の強化が実施されています。

 

SNSを見ていると極端な意見が目につきますが、オミクロン株の発生を受けた水際対策の強化は、ウイルスを一切国内に持ち込ませないための措置ではなく、そもそもこうして国交が開いている中にあっては不可能だと思います。

 

やるなら「鎖国」という方法もありますが、新型コロナウイルスの実験国でなければこんなことはまずできません。

 

また、オミクロン株は重症化しないという情報も出てきています。

 

もちろん、それが事実なら喜ばしいことですが、それが事実であるか確定するまでは、やはり危険性を最大限に見積もった行動が必要です。

 

オミクロン株がどのようなウイルスなのか、感染力や致死率などの特性を判定するにはまだ時間を要すると思うので遅滞措置を講ずる必要があり、それが今の水際対策であり空港検疫の強化だと思います。

 

そうした意味では、まだワクチン接種をされていない方は、日本がこうして落ち着いている今こそ接種してほしいと思います。

 

それぞれの専門家の声を聞いても、既存のワクチンでも一定の効果があるとしています。

 

オミクロン株が、例えばデルタ株よりも強い変異株だった場合などあらゆる事態に備えて、自分自身と、周りの友人や家族、同僚たちを守るためにも接種してほしいと思います。

 

明日から成田市議会では一般質問が始まります。

登壇される議員の皆さんの意見に耳を傾けたいと思います。

 

それではまた明日。

 

追記:

 

この判断は随分思い切りました。

水際対策の強化という意味では評価される迅速な決断です。

 

日本でもオミクロン株の可能性のある感染者が入国したようですが、各国で感染者が見つかり出している今、上述したとおり、日本としてはもはやオミクロンの実態を分析するまでの時間稼ぎをするしかありません。

 

そのためには、まずはこうして水際対策の強化により、できるだけ流入を防ぎ、時期を「遅らせる」ことが肝要です。

 

< 前のページへ戻る

第41代 成田市議会議長

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長(現職)
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長(歴任)
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長

月別アーカイブ

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

トップぺ戻る