Blog

雨宮しんごの活動日記

コロナ禍に対する成田市独自支援策が明らかになりました!28日に臨時議会です!そして成田商工会議所青年部はZOOM総会を開催!

商工会議所青年部(YEG)活動

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

本日、市長が記者会見を行い、コロナ禍に対する成田市として独自支援策を発表されました。

緊急支援の内容は以下大きく三点になります。

 

①【家計】成田子育て応援給付金

児童手当の上乗せ補助で、所得制限を設けることなく児童一人当たり10,000円を支給

 

②【医療】地域医療対策

新型コロナウイルス感染症対策の第一線で活躍されている成田赤十字病院、国際医療福祉大学成田病院への支援

 

③【地域経済】中小企業等緊急支援

市内事業者に対して、一律30万円を支給

 

4/20に要望書を提出した我々政友クラブの緊急要望を強く反映いただいており、なにより、地域経済支援については、一律30万円と千葉県よりも積極的な支援内容となっていて、小泉市長の本気度が伺えます。

 

議会としても、通常であれば1週間程度の議案告知をするのですが、できるだけ早く支援が届けられるよう、28日に臨時議会を開催することで、行政の想いに応えていきたいと思っています。

 

その一方で、新型コロナウイルス感染症対策を講じた議会対応が求められることから、早速明日にも臨時議会においてどのような感染防止対策を講じるか、検討してまりいます。

 

さて、そんな私は連日ZOOM会議&懇親会に参加しており、時に家族から冷ややかな目で見られている日々を過ごしています(笑)

 

今日も成田商工会議所青年部の総会がZOOMで開催されました。

 

今年度は総務担当副会長として総会などを仕切らせていただくのですが、さすがの私もリモート総会は初めての試みだったので試行錯誤の連続でしたが、なんとか全議案を承認いただき新年度をスタートすることができました。(っほ。)

 

全国同様に成田市の地域経済も壊滅状態にありますが、知恵を行動力と輪をもって青年経済人としての役割を仲間たちと一緒に果たしていきたいと思います。

 

それにしても、世の中は便利になりました♪

 

コロナ禍にあっての新しい発見&幸いは、今までなんとなく敬遠してきたリモート会議を積極的にすることになったことだと確信しています。

 

これまで親しんできたルーティンやルールがあると、どうしても新しい技術を敬遠してしまいがちですが、先日のZOOM飲み会では5時間もふざけてしまいました💦(反省)

 

時代の潮流において行かれないように、新しい技術にもどんどん挑戦していきたいと思います。

 

また、商工会議所青年部には飲食店を営まれているメンバーも多数在籍しているのですが、自粛要請などを受けて客足は遠のき、観光客もいないため開店休業状態が続き、売り上げは平時の10%にも満たない状況です。

 

そうした中、テイクアウトを強化したりと創意工夫をしている店舗もあるようでしたが、当然それだけでこれまでの売上高を維持できるわけではありません。

 

さらに、そうした状態にあっても固定費であるテナント料人件費を支払うことになるため、一気にキャッシュフローが崩れていきます。

 

 

 

政府もテナント料の補助金制度を検討しているようですが、売り上げ90%ダウンだけでも大ダメージなのに、固定費としてテナント料を払うとなると、背筋が凍る思いです。

 

さらに、事業者だけではなく、休業要請で働けなくなった方々の家賃減免や猶予についても速やかな検討が必要となります。

 

コロナ禍により、ありとあらゆるところに影響が出ています。

 

政府には引き続き、スピード感をもって第二、第三の支援の制度化に努めていただきたいと思いますし、わたしも引き続き、地域経済や市民の皆さんの声に耳を傾けながら、政策立案・提案をしていきたいと思います。

 

それではまた明日。

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員