Blog

雨宮しんごの活動日記

対面が増えてきた矢先…欧州では第二波により経済優先を一転し外出禁止へ。

新型コロナウイルス関連

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

厳しいニュースが入ってきました。

 

 

 

フランス マクロン大統領の会見を要約すると・・・

・今週土曜日0時から最大警戒地域、パリ、グルノーブルを含む主要9都市で夜間外出禁止令(夜21時~朝6時)

・少なくとも4週間の措置、状況により12/1まで延長可能(全6週間)

・違反者は罰金135ユーロ、繰り返したら1500ユーロ

・映画館、劇場、オペラ等は開始時間を早めることで継続可能

・レストランは21時までとし、自宅に21時に居られるように各自距離、時間を逆算して早めに帰宅

・仕事の場合は証明書があれば21時以降も外出可能

・フランス国内移動制限は無し

 

このぐらいだったでしょうか、かなり厳しい内容です。

 

経済優先に舵を切ったはずのフランスをはじめとした欧州エリアですが、こうしてコロナ対策に再び転じた背景には、欧州での新型コロナウイルスの感染が9月から急増していることにあるようです。

 

 

この数字は3月・4月のアメリカと同水準となっていて、フランスだけではなく、イギリス、スペイン、ドイツなども深刻な状況です。

(ちなみに、現在のところアメリカとアジアの感染者は横ばいです。)

 

こうした報道に接すると、いかに対策することが難しいことなのかと改めて感じます。

 

GOTOトラベルなど、日本は今まさに社会経済活動の再開へとシフトところで、入国制限の緩和をはじめオリンピック開催に向けた準備を進めています。

 

欧州では新型コロナの感染拡大、収束見込みに伴う経済活動の再開、といった対策サイクルが日本よりもそれぞれ一足早かっただけに、次の一手を参考にしていたところもあったのですが、今回の再拡大に伴う外出禁止措置だけは真似たくないですね💦

 

私自身、このところの経済活動の再開により、リモート中心だった活動から対面式が増えてきたことを実感していますし、政務調査や関東若手市議会議員の会の研修会、全国若手市議会議員の会の会議などに出席するにあたり、県外を超えての活動も徐々にではありますが増えてきています。

 

こうした移動については、否定的な声も寄せられていますが、移動そのものが悪いわけではなく、感染リスクは密集、密接、密閉といった空間条件に依存することがこれまでのデータの蓄積でわかってきています。

 

そうした意味では、できる限りの対策と予防に努めながら日々の活動に励んでいきたいと思います。

 

それではまた明日。

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員