Blog

雨宮しんごの活動日記

コロナ対策2次補正予算成立、過去最大31.9兆円!ただ時期を見て「コロナ復興特別税」を創設し財源確保を!

新型コロナウイルス関連

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

週末をいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、昨日、過去最大規模の補正予算が成立した。

それにしても改めて数字を見ると、とんでもない歳出総額ですね。

 

新型コロナに伴い多くの国民生活に影響が及ぶ中、国民一人当たり10万円を給付する特別定額給付金など個人的には、遍く暮らしや経済への支援政策が実行されている政府を評価しています。

 

ですが、しっかりと綱は持っていなければならない状況もあります。

 

第二次補正予算案に伴う国債の増発は、赤字国債22兆6124億円、建設国債9兆2990億円となります。

さらに財投債にいたっては32兆8000億円発行される。

 

これにより、第二次補正予算に伴う国債の増発額は64兆7114億円もの大きさとなりました。

 

新型コロナにより、人や物の移動が制限されたことにより飲食業、観光業、航空業界などストレートに市民生活に影響を与えたばかりでなく、景気も落ち込みました。

 

この復興にあっては、国を挙げて取り組むべき課題であり、まずは生水の投入(給付)は不可欠でした。

今回10兆円の自由枠を設けているので、その使い道は適切に整理すべきだと思いますが、財源を国債で調達することもやむを得ないと思いますので、政策の方向性は正しいと思います。

 

ただ、繰り返しになりますが、その財源は国債発行という国の借金であり、建設国債と赤字国債は、そのまま将来の税収を担保に発行されるということを私たちは認識しておかなければなりません。

 

ですから復興が終わった後は、国債の返済財源の確保が必須であり、そこは『税金』の出番となります。

 

東日本大震災の時の復興特別税に倣い、コロナ復興特別税を創設するなど、毎年に渡っての負担が少ないようにしながら、長期間にわたって返済財源を調達するようにしてほしいと思います。

 

成田市も新型コロナに伴い、多くの財政調整基金を費やしました。

微力ではありますが、引き続き未来にツケを押し付けない、責任を果たす政治を執れるよう尽力してまいります。

 

それではまた明日。

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員