Blog

雨宮しんごの活動日記

国会は読みにくい動きが続きそうです。 

政治コラム

自公両党は審議拒否をすることなく臨時国会がスタートすることになったようです。

 

あれだけ、解散の攻防が激化していたのでお決まりの審議拒否かと思っていただけに意外でした。

 

ですが、良く考えてみるとわかるような気もします。

 

昨日、鹿児島3区で衆議院補欠選挙があり、結果として自民党の大物(元職)政治家が当選を果たし事は新聞やニュースでご覧になっているかと思います。

 

報道では「自民党候補の勝利!!」が大きく見出しとなっているものも少なくありませんでしたが、個人的には、相手候補だった国民新党の新人で民主党の推薦候補の得票数は意外でした。

 

個人的には雰囲気的にも自民党候補が圧勝すると思っていましたが、得票数は次の通りとなっています。

 

宮路和明氏 自民党(公明推薦)・・・・70,694
野間 健氏 国民新(民主推薦)・・・・・65,025

 

けっこう競っています。

 

今回の補選は解散前の前哨戦と位置づけられていましたので圧勝すると思っていましたが、与党民主党政権の支持率が急落する中でのこの結果は、自民党はショックが大きかったのではないでしょうか。

 

もちろん、候補者の人間性などが大きく影響することは言うまでもありませんので、一概に得票数だけで判断するのは危険かもしれませんが、「近いうちに解散を宣言している政権政党」に対してこの結果なわけですから、自民党が支持率を回復しているわけではない。つまりは、受け皿になりえていないのだと思います。

 

都知事の辞任劇など第三局の動きが再び活発化していますが、こうした国政の動向についても注視していければと思っています。

 

 

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員