Blog

雨宮しんごの活動日記

訪日客2400万人突破!観光立市に向け成田市は積極的な政策展開が必要です。

政治コラム

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

今日は観光の話題。 

 

「16年訪日客、2400万人=4年連続で過去最高-石井国交相」

http://news.yahoo.co.jp/pickup/6226748  時事通信

石井啓一国土交通相は10日の閣議後記者会見で、2016年の訪日外国人数が2403万9000人だったと明らかにした。15年の1973万7409人を21.8%上回り、4年連続で過去最高を更新した。

中国、韓国、台湾からの訪日客が大きく増えた。格安航空会社(LCC)を含む航空路線の拡充のほか、入国査証(ビザ)緩和などの取り組みも寄与した。

 政府は20年に訪日客4000万人の目標を掲げている。石井国交相は「15年をベースに年間15%ずつ伸びれば、目標を達成できる」と語った。訪日客の国・地域別の内訳など詳細は、日本政府観光局が今月17日に発表する。

 菅義偉官房長官は記者会見で、「ビザの戦略的緩和や(消費税の)免税拡充など大胆な取り組みを矢継ぎ早に実行したことが大台につながった」と指摘した。

 

この報道には、日本の勢いを感じます。

 

2016年11月に訪日外国人旅行者数が2000万人を突破しました。政府はさらに、東京オリンピックを迎える2020年には倍となる4000 万人に目標を設定しています。

 

観光立市を目指している成田市としては、観光局が実施しているビジット・ジャパンをはじめ、訪日インバウンドの強化に向けてアンテナンを張り、国と連携して積極的な取り組みをしていかなければなりません。

 

訪日外国人については、通過点としての「NARITA」ではなく、観光地「NARITA」としての来成促進に取り組み、観光客誘致と市内消費の拡大を目指すことが必要です。

 

そこで、調べてみると・・・成田市の観光客入込数は・・・1500万人/年

宿泊者数は300万人(外国人163万人、日本人137万人)/※430万人対応可

(※市内ホテル8000室×1.5人宿泊×365日で算出)

 

「イベントごとの入込数」

 成田山初詣  311万人
 成田祇園祭  48万人
 成田太鼓祭  22.5万人
 紅葉まつり  35万人
 梅まつり   1万人
 うなぎ祭り  3.5万人

 宗吾霊堂初詣 28万人
 御待夜祭   2.5万人
 紫陽花まつり 2.3万人

 

となっており、宿泊施設もまだ余力があり、受け入れ拡大に向け、コンベンション誘致もその一つになると考えます。

 

円安やビザの緩和といった要因もさることながら、市としてのプロモーション活動を大きく展開していくことで実績を積み重ね、国際観光収益をしっかりとあげられるような政策を進めていくべきです。

 

それではまた明日!

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員