Blog

雨宮しんごの活動日記

糸魚川市大規模火災の発生。成田直下地震発生時は成田市でも186件!?

政治コラム

皆さんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

12月なのに20度を超える暑さを記録した日本。

そんな気象の中で、大規模火災が糸魚川市で発生しました。

 

PMM

(グーグル検索より)

 

「出火当時、空気乾燥する「フェーン現象」か 糸魚川大火」

http://www.asahi.com/articles/ASJDQ4Q6XJDQUOHB00G.html

22日午前10時半ごろ、新潟県糸魚川(いといがわ)市大町1丁目の中華料理店の台所に煙が充満しているのを近所の人が見つけ、119番通報した。強い南風の影響で火災は広がり、同市や市消防本部などによると、同日午後3時半現在、燃えた住宅や商店などは約140棟に上り、午後5時半現在、延焼範囲は約7万5千平方メートルに及んだ。市は計744人に避難勧告を出した。市消防本部は午後8時50分、これ以上の延焼の恐れはなくなったと発表した。

(省略)

 ライフラインにも影響が出た。東北電力によると、糸魚川市本町と大町1、2丁目を中心に、午後4時現在で約600世帯が停電。国土交通省は国道8号の一部を一時的に通行止めにし、迂回(うかい)路として北陸自動車道の一部を無料開放した。

 気象庁によると、日本海側の低気圧に南風が吹き込み、糸魚川市では22日午前10時すぎに最大風速14・2メートル、正午すぎに最大瞬間風速24・2メートルを記録した。出火当時、強風注意報が出ていた。同庁は、山を越えた風が日本海側に吹き下ろす際、空気が乾燥して気温が上がる「フェーン現象」が起きたとみる。

 糸魚川市と新潟県はそれぞれ災害対策本部を設置。新潟県の米山隆一知事は自衛隊に災害派遣を要請し、陸上自衛隊高田駐屯地(同県上越市)から部隊が出動した。消防は、県内ほぼ全域の消防本部と、富山県の新川地域消防本部から出動した。

 

 

全焼したのが140棟、発災から鎮火までにはなんと、10時間も要しました。

 

実は成田市にもこうした大規模火災が発生する恐れは想定されます。

それは、成田直下地震による二次災害です。

下の写真をご覧ください。

 

kasaijoukyou

 

 

成田市が測定した被害想定によると、冬の午後6時に風速8m/sの条件下では、市内全域で出火率は10件と低いですが、常備消防力だけでは消火不能な火災の発生により、186件の延焼が想定されています。

 

今回の140件よりも延焼件数は多い想定です。

糸魚川市でも地域防災計画を策定するなかで火災対策についても計画を盛り込んでいましたが、なぜ延焼を食い止められなかったのでしょうか。

 

これから詳細について検証が行われることになると思いますが、強風の発生により飛び火した場合の火災速度がいかに早いのか思い知らされた事案です。

 

おそらくこの場合、延焼遮断としての役割を果たす道路も機能しなかったことも考えられます。

成田直下型地震が発生した場合、他所への災害救助活動にも手が回ることになるため消化能力も平時よりも低減することはいうまでもありません。

 

あらゆる可能性を想定することで少しでも減災できるように、糸魚川市大規模火災をしっかりと自分なりに検証したいと思います。

 

それにしても、これだけの大災害にも犠牲者が出なかったことが不幸中の幸いでした。

早期の復旧を願ってやみません。

被災者の皆さまには、心からお見舞い申し上げます。

 

それではまた明日!

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員