活動日誌

大栄みらい学園の校歌制定式、岸田総理の講演会に出席しました。

政治コラム

みなさんこんにちは成田市議会議員の雨宮しんごです。

本日は大栄みらい学園の校歌制定式にお招きいただきました。

 

大栄地区の小学校5校、中学校1校が統合されて開校して9カ月が経過しましたが、新型コロ助によって慣れない学校生活が続いていて、1年生~9年生での合同練習ができずに当日を迎えたということでした。

 

ですが、ぶっつけ本番とは到底思えないほどにどの学年も素晴らしい歌声で、力強く成長している生徒児童のみなさんの姿を垣間見る機会にもなりました。

 

作詞作曲ともに成田市に縁のある方で、作詞の菅谷さんは市内学校勤務の教諭、作曲の内山さん成田市出身の20代ながら、作曲家として、AKB48にシングル楽曲を提供するほどの実績の持ち主ということです♪

 

校歌を聴かせていただき、とてもきれいなメロディーラインに感動しました。

今後も大栄みらい学園の校歌が地域に根付き、親しまれることを願ってやみません。

 

議会棟に戻り、来客対応、庶務、執行部と昨日可決した国の補正予算などについて打ち合わせを行った後は、都内に移動し内外情勢調査会に参加しました。

 

講師に岸田総理をお迎えし「新しい資本主義の実現に向けて」講演をいただきました。

昨日に政府補正予算成立で事業規模78.9兆円のコロナ対策と経済対策について可決されたとあって全ての話題がホットでした。

 

内容含め、さながら昨日の記者会見を見ているような既視感こそありましたが、コロナ対策では、メルク社の経口薬を来週から20万回分を配布して利用開始することや、オミクロン株の濃厚接触者に対する14日間の宿泊施設での待機を要請することに決定したことなどについて話されていました。

また、先日の子ども支援政策として決定した10万円の給付に加え、「経済的に困難な学生に対する10万円の給付」、【住民税非課税世帯に対する10万円の給付】を速やかに実施していく言及されていました。

この点は、成田市議会においても速やかな対応が求められることになることから、しっかりと持ち帰り、スピード感を持った議論を深めていきたいと思います。

 

その他、経済、気候変動、カーボンニュートラル、外交と話しがありましたが、個人的に関心を寄せていたウイグル自治区への弾圧などへの人権侵害への考え、北京オリンピックへの外交的ボイコットなどへの踏み込んだ発言はありませんでした。

 

とはいえ時の総理総裁のお話しを聴けたことは貴重で、いま何を考え、これからの日本を立て直していくためにどのような想いを持って政策を打ち立てていこうとしているのかを伺い知ることができました。

 

講演後はとんぼ返りで成田市に戻り、後援会ミーティングや市内事業者との意見交換の席に参加させていただきました。

 

それではまた明日。

 

< 前のページへ戻る

第41代 成田市議会議長

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長(現職)
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長(歴任)
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長

月別アーカイブ

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

トップぺ戻る