Blog

雨宮しんごの活動日記

令和2年度成田市決算審査2日目。中国TPP加盟申請への対応は総裁選・解散総選挙の争点に!

政治コラム

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

令和2年度成田市決算審査2日目の今日は、歳出の衛生費、労働費、農林水産費、商工費、土木費、消防費、教育費、災害復旧費・公債費・諸支出金・予備費について積極的な審査が行われました。

 

先日、中国がTPP(環太平洋パートナーシップ協定)への加入を正式に申請すると発表がありました。

 

それよりも先に申請してきたのがイギリスですが、中国に対しては「協調」から「対抗」に転換していて、中国通信機器大手ファーウェイ製機器の新規導入を禁止したりしています。

 

TPPの加盟国であるオーストラリアやベトナムについても中国から圧迫を受けているので、イギリス的にはこれらの国と共同して中国に対抗しようとする狙いもあるはずで、受けいられるのは難しいのではないかと思います。

 

なにより、オーストラリアの反応はとても速かったですね。

【シドニー共同】中国が環太平洋連携協定(TPP)加入を正式申請したことについて、加盟国オーストラリアのテハン貿易相は17日の声明で、2国間で「解決すべき重要な問題がある」と述べ、中国が制裁関税を解かない限り、交渉入りに応じられないとの立場を示唆した。

 

TPPへの加入には必要なすべての参加国の同意を得ることが必要になるようなので今後の展開を注視したいところです。

 

日本からも発言がようやく出てきました。

「中国が、TPPの高いレベルのルールや市場アクセスを満たす決意があるのか見極めなければならない」

っと何とも煮え切らない内容ですが、「懐疑的である」といったところでしょうか。

 

 

まさに麻生大臣のおっしゃる通りで、国営企業への優遇措置、不透明な補助金、知的財産侵害の横行などTPP加盟へのルールに満たしていないことは明らかです。

 

ひょっとすると中国は、TPP加入を拒否されたという事実が欲しいだけなのかもしれませんが、果たして。

マレーシアとシンガポールは歓迎しているようですが、まずはイギリスと台湾の加入を先に認めるべきだと思います。

 

中国のTPP加盟にかかる対応については、是非とも自民党総裁選、きたる解散総選挙のひとつの争点にしてもらいたいものです。

 

それではまた明日。

 

成田市議会議長

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長(現職)
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長(歴任)
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長