Blog

雨宮しんごの活動日記

一般質問を通告しました。教職員の綱紀粛正は、まさに喫緊の課題です。

政治コラム

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

先週金曜日に一般質問の通告が締め切られました。

わたしは今回も通告し、すでに市職員の担当課の皆さんとのヒアリングを終えました。

 

先日もブログでお伝えしたように、今回は教育行政について質問します。

以下が、わたしが通告した内容になります。

 

本市教育現場における講ずるべき不祥事根絶措置について

 

(1) 学校現場における個人情報の保護とその管理について

 ①取得した個人情報の保護とその管理について

 ②個人情報の校外持ち出しに関する管理及び対応について

 

(2) セクシュアル・ハラスメント防止について

 ①教員間のセクシュアル・ハラスメント防止について

 ②児童生徒に対するセクシュアル・ハラスメント防止について

 

(3) セクシュアル・ハラスメント及び体罰に関する実態調査の結果について

 

 

 千葉県の教育現場は、昨年の倍のペースで不祥事が発生しています。

 

千葉で相次ぐ教員のわいせつ行為 新たに2人懲戒免職 既に昨年度の2倍のペースの計6人

(産経新聞)

 

 千葉県教育委員会は2日、女子生徒らにそれぞれわいせつな行為を行ったとして、県北東部の公立小の男性講師(27)と県北西部の公立中の男性教諭(27)の2人をいずれも懲戒免職処分にしたと発表した。今年度の教員の懲戒免職は6人目となり、昨年度1年間の3人の2倍となった。相次ぐ不祥事に、県教育庁の半田徹也教育次長は記者会見で「県民や関係者に深くおわびしたい」と謝罪した。

 県教委によると、小学校の男性講師は6月22日午前の休み時間に、教材準備室で教材を運ぶのを手伝わせた女子児童に対し、数分間にわたり上半身や足を触った。男性講師は女子児童の別クラスの担任だった。中学校の男性教諭は2月初旬から7月中旬までの間に、顧問を務めていた運動部の女子生徒に校内外で複数回キスをするなどのわいせつ行為をしたという。

 県教委の聞き取りに男性講師は「かわいい子だなという感情を持っていて、2人きりになり触れたくなってしまった」、男性教諭は「女子生徒に恋愛感情を抱くようになってしまった」と話しているという。男性教諭は女子生徒と電話やSNSを通じて親しくなったといい、ドライブに連れて行くなどしていた。女子生徒も好意があったという。

 いずれも保護者から学校に相談があり被害が判明。県教委は被害を未然に防げなかったとして、両校の校長に対してもいずれも減給3カ月の懲戒処分とした。

 

 

言うまでもなく、ほとんどの教員のみなさんは、児童生徒のために愛情・情熱・信頼をもって尽くしていただいています。

ですが、こうした不祥事の発生から、世間一般が教員に求める倫理やモラルを、いまの教員の一部は持っていないこともまた事実です。

つまり、もっと言えば、教員の中には犯罪者が潜んでいる可能性もあるので、指導を仰ぐ児童生徒たちは自衛策を講じていなければらないということになります。

 

普段、保護者が介入できない教育現場、それも子どもたちが、です。

 

教職員の綱紀粛正は、まさに喫緊の課題です。

 

児童生徒や保護者の信頼をこれ以上、裏切らないためにも成田からのスクール・コンプライアンス確立を求めていきたいと思っています。

 

一般質問に向け準備を進めます。

それではまた明日!

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員