Blog

雨宮しんごの活動日記

御嶽山の噴火 自然に対する畏怖心

お知らせ

御嶽山の噴火により、亡くなられた方に対し

ご冥福をお祈りし、また、ご遺族に対し衷心より

お悔やみを申し上げます。

 

そして、被害に遭われた方々には、

心からお見舞いを申し上げます。

 

報道によると新たに死者が確認され、

12名になったとのことです。

 

今回の噴火で思い知らされるのは、日本は火山列島

であるということです。

 

調べてみると、日本の活火山は110あり、その半数の47山が

常時観測が必要な火山とされ、観測体制が敷かれています。

 

今回噴火した御嶽山もその一つとのことで、さらに47活火山のうち

最も警戒が必要な「近年、噴火活動を繰り返している火山」

とされている23火山にも含まれていたということで、

 

危険な活火山の部類に属していました。

 

気象庁によると、活火山の定義は、噴火している山ではなく、

火山噴火予知連絡会が「おおむね過去1万年以内に噴火した

火山および現在活発な噴気活動のある火山」

を言うようです。

 

この定義を思うとき、安心な活火山はないと思った方が

良いのかもしれません。

今月で、東日本大震災から3年半が経過しました。

「噴火」というキーワードで記憶に新しいのは

小笠原諸島の西之島付近での海底噴火

によって新島が徐々に大きくなったことでしょうか。

 

この噴火を受けて、マグマの活動が活発化してきているとの指摘

や、これが大地震の要因になっていると指摘する声もありますが、

 

こうした災害からは「人間は自然に生かされているだけ」

ということを再認識させられます。

 

我々は、そうした自然に対する畏怖心を忘れずに、

向き合っていかなければならないのだと思いしらされました。

成田市議会議員

雨宮しんご

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員