活動日誌

2015年度予算案 成田空港に44億円

成田市議会の話

最近はなかなかパソコンに座る暇もなく動き回っている

ことが多くて、少々ネタが古くなってしまいますが、14日に

閣議決定された平成27年度当初予算案について書こうと

思います。

 

 

成田市にかかわってきそうなもので、大きいのは

「成田空港整備」の44億円です。

 

空港庁舎の耐震工事をはじめ、要人の入国手続きを優先して

行う「ファーストレーン」の設置が盛り込まれています。

 

一方で羽田空港は国の後押しを得て、着々と空港機能を強化

していく予定で、なんと292億円もついています。

 

その内訳は、B滑走路横の2カ所のエプロン整備と、誘導路の整備、

国際線と国内線地区を結ぶトンネル整備、空港アクセス道路改良、

C滑走路の耐震対策、航空保安施設の更新・改良・・・

 

と悔しすぎる予算措置で、まさに予算で見る羽田優位論!

成田の6倍強です。

 

続いて、成田、羽田両空港を乗り換えなしでつなぐという

「都心直結線構想」に、調査費が2.16億円が盛り込まれています。

 

私が委員長を仰せつかっている交通対策特別委員会で所管している

のですが、都知事の反対もありあまり進捗していませんでした。

 

予算内訳は今年度に続き、地質や埋蔵物の調査などが行われる

予定となっています。

 

実現すれば押上駅―泉岳寺駅間約11キロの整備で、

成田空港―東京間を現在の最短53分から36分に短縮するという

計画です。

 

羽田の地理的優位性を大きく縮める政策ですので、なんとか

オリンピックまでに・・・と行きたいところですが、建設的な議論を

期待したいです。

 

他にも首都圏中央連絡自動車道に予算付けがありましたが、

新年度に限らず成田市は国家戦略特区の指定を受けている

ことから、予算措置にではなくここでの規制緩和に期待を

したいところであり、今後の会議の進展を注視、議会からも

声を上げていきたいと思います。

 

成田市議会議員

雨宮しんご

< 前のページへ戻る

第41代 成田市議会議長

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長(現職)
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長(歴任)
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長

月別アーカイブ

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

トップぺ戻る