Blog

雨宮しんごの活動日記

9/1(火)11:00~の一般質問は「新型コロナウイルス感染症との闘いについて」論陣を張ります。

成田市議会の話

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

9月定例会議での一般質問は、新型コロナウイルス感染症との闘いについてということで、広範にわたり論陣を張ります。

 

9/1(火)11:00ごろからスタートします。(10:50過ぎからご覧いただくといいかもです♪)

 

 

制限時間が50分であること、内容が広範にわたることから詳細なやり取りというよりは、状況の確認と把握、それを踏まえ、私の考える第二、第三波に向けた政策提案を行います。

 

本来であればライブ会場(傍聴席)に足をお運びいただきたいところですが、6月議会同様に、感染拡大防止の観点から傍聴について極力ご遠慮いただいております。

 

つきましてはCATVをはじめ、インターネットにて配信しておりますのでチェックをいただければ幸いです。

 

1、新型コロナウイルス感染症との闘いについて

(1)国・県からの適切な情報提供を求めるべき!

(2)治療を行っている病院の状況と第2波を想定した病床確保はどうなっているのか?

(3)インフルエンザワクチン・肺炎球菌ワクチンの接種拡大をすることで冬への備えをすべき!

(4)学校を含む公共施設、介護福祉施設の備えは万全か?

① 保育園、学校などでの湿度対策について

(5)冬場に備え学童保育の人員確保は急務!

① 臨時休校期間中、学童保育の人員確保が大変であったと聞いており、第2波に備えた対策を講じてほしい

(6)成田空港の見通しはどうなっているのか?水際対策と両輪で空港の進展を!

① 国際線では一部の国や地域の出入国制限が緩和され、国内線ではGoToトラベル事業の実施により、成田空港の運用状況は一定の復調傾向にあると考えるが、今後の見通しは

② 成田空港の水際対策について

(7)市独自施策の事後検証をしっかり行うことで、第2波においては効果的で効率的な施策展開をすべき!

① コロナ対策における市独自施策の事後検証について

ア これまで2度行ってきた市独自支援策について、その効果を検証する考えがあるのか

② 今後の感染防止対策について

(8)市対策本部のガバナンスと教育委員会との連携はできているのか?対策本部の情報発信の在り方は見直すべきではないか?

(9)今だからこそ DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進すべきと考える!また、職員感染時の公開範囲はどうなっているのか?

(10)COCOAの普及啓発を市も率先して行うべき!

(11)コロナ対策の根拠となる条例の制定に向けて検討を始めるべきではないか?

 

2、日本一感染症対策を実施している観光立市なりたを目指して

(1)現在の成田市の景況感はどうなっているのか?

(2)ただ漫然と中止判断するのではなく、祭りやイベントなどの開催または中止基準を策定するべきではないか。

(3)まち一体となった迎春対策をすることで、まちに活気と元気を!

(4)感染防止ガイドラインの創設をすべきではないか。

(5)レスポンシブル・ツーリズムの推進をすることで、観光立市に恥じぬ対応をするべきではないか。

① 事業者へのPCR検査、抗原検査、抗体検査補助制度の創設

② 市独自の認証制度の創設

(6)インバウンドばかりに頼ってきたことを省み、マイクロツーリズムを推進すべきではないか。

 

気張っていきたいと思います。

それでは明日、ライブ会場をチェック下さいませ♪

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員