Blog

雨宮しんごの活動日記

小学校バザーで焼き鳥を焼いているとアントニオ猪木顔に!からのアントニオ猪木さんとマイクリレー!

選挙の話

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

晴天!絶好のバザー日和でした。

 

今日は長女もお世話になっている母校吾妻小学校のバザーのお手伝い。

 

おやじの会の皆さんと一緒に、早朝からテント張り作業をスタート!

 

(まさかの長女が映りこんで今いました! 黄色い方♬)

生徒数も800名を超えるマンモス校のため、屋外にもブースがたくさん!

各ブースと来場者でひしめき合うので、『飲食は校庭で!』というというのも、吾妻小学校ならではですね!

 

おやじの会ではチェキと焼き鳥を担当しました!

私は安定の焼き鳥を担当。

2100本をおやじの会の皆さんと一緒に焼いていたのでした。

 

ただ、だんだん忙しくなってきて、煙たくなってくると、顔がみるみるアントニオ猪木顔に変わっていきました。

 

(確かに!はじめは軽快ながら、だんだんとアゴが出てきてる!!)

 

一通り焼き鳥を焼き切きり、落ち着いたところでバザーを後にして我孫子市議会議員選挙に挑戦している仲間の元へ、最終演説に向かいました。

 

政治家となって初めて、アントニオ猪木元参議院議員とマイクリレーを行いました。

正確には、アントキの猪木さん、アントニオ小猪木さん、アントニオ猪木さんの勢ぞろいでのマイクリレー。

 

   

もはや早口言葉に近く、司会もカミカミになるわけですが、会場には数百人が集まっての大演説会となりました。

 

地方統一選挙の時もそうでしたが、選挙を重ねる度に投票率は低下傾向にあります。

 

国や自治体によってはお笑い芸人やアイドルを起用してキャンペーンを行うなど、選挙管理委員会も精力的に投票を呼びかけていますが、成果が出ているところはほぼ皆無と言っていいでしょう。

 

特に、地方自治体の議員選挙では、市民に近い存在でありながら争点が見え難いことが災いし、低投票率をもたらしているという指摘もあります。

 

低投票率は、特定の地域や、選挙の種別、年代に限った現象ではなく、日本全国を広く覆っています。

低投票率の先にあるのは議会制民主主義の崩壊です。

 

わたしも主権者として「1票」の重みを改めて自覚するとともに、一人のプレイヤーサイドとして、さらなる工夫と努力に努めてまいります。

 

それではまた明日!

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員