Blog

雨宮しんごの活動日記

GOTO再開!水際対策緩和で入国者数上限の撤廃!オミクロン株対応ワクチンも供給へ。

新型コロナウイルス関連

皆さんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

本日の早朝は土屋の交差点、そして、一日の締めくくりは成井の交差点での活動でした。

 

朝と夕方の両方でお会いできた方が降りてこられて、ご心配いただいたのですが、さすがに一日中、街頭活動をしている暇はありません。(笑)

朝は涼しかったのに、夕方の西日が強くて痛いほどでした~💦

 

そんな成田市議会では、委員会審査が始まっています。

昨日は新市場整備特別と建設水道常任委員会が、今日は空港対策、教育民生常任委員会がそれぞれ開催されました。

 

明日は私が所属している経済環境常任委員会が開催されますので、委員会メンバーと協議をし、準備をして臨みたいと思います。

 

新型コロナウイルスについての話題です。

先日のブログにおいて、中国と日本だけが諸外国と比較して厳しい水際対策をとっているため、カントリーリスクが憂慮されるのではないか、と指摘しましたが、これは良いニュースですね。

政府は12日、「Go To トラベル」に代わる全国旅行支援を早ければ月内に開始する方向で調整に入った。新型コロナウイルス感染拡大で見送っていたが、感染者数が減少傾向となっているため。9月下旬の3連休明けから当面、年末までを支援対象とする案が浮上している。

 

新型コロナの水際対策も緩和し、1日当たり5万人の入国者数上限を10月にも撤廃する方向で調整。訪日客に義務付けている短期滞在ビザの取得免除や、個人旅行の受け入れ解禁も検討する。

 

厚生労働省は、オミクロン株に対応した新ワクチンの製造販売を特例承認した。

観光都市成田にとって、GOTO再開は歓迎されます。

解除後の感染状況については注視していく必要がありますが、アフターコロナを模索していきたいですね。

 

 

また、入国規制の撤廃についても、諸外国と同様に追随することは正しい判断だと思います。日本においてもグローバルスタンダードを捉えた対応をしてかなければ、コロナだけではなく経済リスクも背負うことになりかねません。

 

同時並行で実施されるオミクロン対応ワクチンの接種についても、遅滞することが無いよう取り組んでいただけるよう行政には要望していきますし、国からの通知や市のスケジュールが分かった段階で、速やかに情報発信をしていきたいと思います。

 

それではまた明日。

 

成田市議会議長

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長(現職)
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長(歴任)
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長