Blog

雨宮しんごの活動日記

世界最速でワクチン接種が進むイスラエル、ワクチン接種後がすごい結果に!集団免疫に向けて。

新型コロナウイルス関連

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

今日は世界最速でコロナワクチン接種が進んでいるイスラエルについて情報などをまとめていきたいと思います。

 

既にイスラエルでは、国民の25%(人口880万人)がファイザー製コロナワクチンを2回接種したということで、下の報道によると感染歴のある人よりも最大で20倍の抗体が確認できたとのこと。

 

 

これは朗報ですね。

そして、早速10代を対象にしたワクチン接種もスタートしているようです。

 

 

 

また、接種後の状況についても統計数字が出ていました。

 

12/19-24にワクチン接種した60歳以上の人(50777人)の解析の結果

緑:新たな感染者

黄:新たな入院者

青:新たな感染者(対照としてのワクチン非接種者)

 

と素晴らしい成果であり、一日も早い日本でのワクチン接種を望みます。

 

また、下の図が世界各国のワクチン接種状況になります。

AFPが日本時間18日午後7時半にまとめた統計によると、世界で接種された新型コロナウイルスのワクチンは4000万本を超えた。各国のワクチン接種状況について、図で示した。(c)AFP

 

既に4000万人を超えているようですが世界人口ベース(76億人)で考えると、まだ0.5%ですから、集団免疫を得るにはまだまだ期間を要することになりそうです。

 

ちなみに、「集団免疫」について調べてみると、十分な数の市民が免疫を持ってウイルスが拡散しなくなる「峠を越えた」状態のことを言い「概ね国民の75%が免疫を持つこと」とされています。

 

日本でも2月下旬から順次ワクチン接種が始まるようですが、一般の方への接種は夏以降になる灯されていて「いつ、集団免疫が成立するのか。」は今後の課題になると思います。

 

これは、オリンピックの開催にも影響すると思いますし、政府にはご紹介したイスラエルのごとくスピード感をもって対応を進めてほしいと思います。

(日本の人口はイスラエル10倍ですが・・・期待したいですね。)

 

その意味では、正しい情報発信は大切ですが、メディアの「ワクチン接種の不安を煽る記事」は控えてほしいと思いますし、国民の多くが注射を忌避するような扇動はしないでほしいと思います。

 

そして、こちら。

 

 

心配されている南アフリカや英国で発見された『変異種』が世界に広がりつつありますが、今回のワクチンで、予防効果がみられるということです。

 

成田市においてもワクチン接種に向けた専門組織が行われ、医師会などと連携し準備が進められています。

 

密を避けた会場や導線の確保など、効率的な集団接種体制を整えていただけるよう要請していきたいと思います。

 

それではまた明日。

 

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員