Blog

雨宮しんごの活動日記

遅すぎる決断も、前進!外国人の入国が全面停止へ。春節対応、帰国者隔離措置の課題は継続。

成田国際空港のこと

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

 

 

やっとですね。。。

 

個人的には遅すぎるという印象ですが、先日のブログにも書いてきましたが、与野党さえ争うことなく政府に求めていた「入国停止措置」が決まりました。

 

水際対策強化に係る新たな措置(7) (外務省ホームページより)
令和3年 1 月13日

「国際的な人の往来の再開に向けた段階的措置」(第 38 回新型コロナウイルス感染症対策本部(令和 2 年 6 月 18 日)資料2)及び「国際的な人の往来の再開等」(第 41 回新型コロナウイルス感染症対策本部(令和 2 年 7 月 22 日)資料3)に基づき、追加的な防疫措置を確約できる受入企業・団体がいることを条件に、双方の取り決めに基づき、例外的に新規入国を認め(レジデンストラック)、14 日間の自宅等待機期間中も、行動範囲を限定した形で行動制限を一部緩和してきた(ビジネストラック)ところであるが、緊急事態解除宣言が発せられるまでの間、全ての対象国・地域とのビジネストラック及びレジデンストラックの運用を停止し、両トラックによる外国人の新規入国を認めず、ビジネストラックによる日本人及び在留資格保持者について、帰国・再入国時の 14 日間待機の緩和措置を認めないこととする。

 

 緊急事態宣言をしておいて外国人ビジネスマンの入国はOK!とか、さすがに正気の沙汰とは思えなかったので、これは大きな前進です。ありがたや~!

 

与野党の声もさることながら、SNSなどでも批判の嵐だっただけに政府も腰を上げざるを得なかったのだと思います。

 

 

成田空港としては、あとは中華圏の『春節』があるので、それへの備えとして2月7日以降の入国制限の対応をどうするのか、帰国される日本人の14日間の隔離措置の実効性確保など、引き続き、さまざまな検討事項があります。

 

イギリスのように変異株で再度ロックダウンなどとならないように、絶対に持ち込ませないための水際対策の強化は不可欠です。

 

成田空港を要する自治体の議員として、もできる限りの働きかけをしていきたいと思います。

 

それにしても今週は、三連休からポスティング祭りに始まって、リモート会議やリモート研修、政務調査や団体活動、相談や市民要望対応など、ほぼ休みなしで走り続けてきたので、メインは体ですがw疲労感がマックスです。

 

2万枚を超えるポスティングへの達成感の一方で、足腰腕の筋肉痛がまだ取れないという運動不足が祟っています・・・(笑)

 

まぐろな私はどうせじっとしていられず、「動く」予感しかしませんが、料理でもして少し羽を休めて穏やかな週末を過ごしたいと思います。

 

みなさんも、良い週末をお過ごしください。

 

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員