Blog

雨宮しんごの活動日記

千葉県北西部5万7000戸が一時停電。SBGが「東京PCR検査センター」を設立。

新型コロナウイルス関連

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

午前中に休みをいただいて、北総病院へ。

 

すると、大混雑していて従業員の方々が慌てていることに気づきました。

病院到着までまったく気付かなかったのですが、いきなり停電したということで、受付業務から、すべてが一時的に手作業での対応となっていました。。

 

 

原因は一体何だったんでしょうか。

 

 

昨年の台風では長期間の停電に本当に苦しめられました。

もう10月に入りますが、台風が上陸する可能性もあるため、早めに原因を突き止めて改善してほしいと思います。

 

さて、私の容体についてですが、昨年の健康診断で要検査になっていたものの自覚症状がなかったので放置していたのですが、先日かかりつけ医に一応相談したところ、

 

「雨宮さんも良い歳ですよ。」と説得(きっぱり。)され、専門医がいるとのことでご紹介いただいたのでした。

 

確かに40歳も過ぎたし、「そろそろ身体にガタが来てもおかしくないよなぁ。」と、言われるがままに検査を受けたのですが、結果は、「全く問題なし!」というお墨付き♬

 

良かった良かった。

 

個人的にはここ数年、風邪もひかなければ寝込むこともなく、お酒に飲まれて吐くことはあっても、基本的にはすこぶる体調が良いです。

 

議会も終わりましたので、密は避けつつも日々の活動に邁進、仲間たちの選挙応援などに汗をかきながら、体調管理にも留意していきたいと思います。

 

ただ、実はベルトの穴は1つ大きくなったんですよね。(はぁ。)

 

一切合切、コロナのせいにしているのですが、誰のせいにしようと身体に蓄積されているので、少し食事も制限したいと思います(笑)

 

そして、この報道。

 

企業利益を社会のために、わかりやすく還元いただけることはとても純粋に素晴らしですね。

 

ポイントとしては・・・

・新型コロナウイルスに感染しているかどうかを唾液で確認できるPCR検査を1回2000円

・当面は自治体や企業など法人単位でネット上で検査の申し込みを受け付け

・検査キットで採取した唾液を検査施設に送るり、結果が通知されるスキーム

・11月には1日あたり1万人の検査ができる体制

 

と期待大なのですが、その一方で

・検査には医師が関わらないため、陰性の証明書は発行しない

とされているため、自治体が期待するPCR検査への目論見と合致するか注視したいと思います。

 

とはいえ高額なPCR検査を気軽に安価に受けられるようになることは歓迎できます。

 

インフルエンザとの同時感染といった冬への備えは必須ですし、政府も新規感染者数を抑えることよりも、経済を回すことにシフトしているため、これからは移動の増加とともにリスクも高まります。

 

ですから、折々に「現時点において自分が感染しているか。」を容易に確認することができるニーズは、どうしても移動が多くなりがちなビジネスマンなどの生産世代にあると思います。

 

また、サービスする側にもニーズがあります。

 

例えば観光都市である成田市は、迎春の書き入れ時に従業員にPCR検査を受けることができれば、観光客に、おもてなしに加えて「安心」も提供することができます。

 

さすがに「是非、成田市へお越しください!」というのは憚られますが、リスクを承知で成田にお越しいただいた方には全力でおもてなしをすべきですし、今だからこそ「安心」の提供は必須だと思います。

 

このように、移動が多い層、サービス業へのニーズは高いと思います。

 

ニューノーマルに向けて社会が少しずつ動き出しています。

私たちも、それぞれができるニューノーマルを着実にこなしていきましょう。

 

それではまた明日。

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員