Blog

雨宮しんごの活動日記

成田で外せない観光スポット『表参道」の「石畳風舗装(道路区画線(白線))の排除」「交通規制の強化」そして「ピクトグラム」を推進し、インバウンド獲得を!

blogs

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

先日、後援会や団体・組織の懇親会を梯子していたおりに、夜の参道を歩いていると、『上町』も石畳風舗装にむけての夜間工事が進捗していましたので、今日は成田山新勝寺までの表参道の石畳風舗装について取り上げたいと思います。

 

 

 

議会に挙げられた事業費は約9000万円で、成田山新勝寺の総門から順次整備が進捗しており、仲之町の坂を上って現在は、薬師堂付近までの約450メートルが完成しています。

 

完成した仲之町はこのようになっています。

(成田市のHPより引用)

従来の車道から、新たにアスファルト舗装を行った上で、表面に溝を刻むことで「石畳風」の仕上がりとなっています。

 

この舗装工事は、表参道の総門前からJR成田駅参道口前まで進捗する予定なのですが、タイミング的にもアスファルトに亀裂や轍が出始めるていたなど改修時期を迎えていたので、今回の舗装によって成田山新勝寺と門前の町並みがより景観に配慮されることを期待しています。

 

ただ、残念なことが二つあります。

一つ目は、せっかく石畳風に整備しているのに道路区画線(白線)があることです。

市道として、また近隣住民の方々の生活道路である以上、致し方ないとも思うのですが、観光地としての成田という視点から考えると景観的にはマイナスでしかありません。

 

今回の取り組みは、成田山新勝寺1080年祭や「北総四都市江戸紀行」として日本遺産に認定されたことなどを契機にして、機運が高まった経緯があります。

 

その意味では、やはり道路区画線は景観上、残念と言わざるを得ません。

 

そして、二つ目はというと・・・こちらです。

成田山新勝寺の2019年三が日の参拝者数は314万人!参道を人をかき分け走る車に唖然。交通規制を強化すべきです!

 

成田市きっての観光スポットでありながら、観光客目線での交通規制が敷かれていないことです。

この状況・・・どう思われますか?

(参詣客・観光客をかき分けて走る乗用車。)

 

撮影日が新年であったこともありますが、イベントやお祭り開催時期はやはりこのような状況になっていることがしばしばあります。

 

政府発表によると、2018 年の訪日外国人旅行者数が12 月 18 日までの累計で3001万人となり、初めて 3000 万人を超えました。

2003年のビジット・ジャパン・キャンペーンの開始時が521万人でしたから、実に約6倍近く訪日外国人が増えたことになります。

 

政府は今後も手を緩めることなく、2020年4000万人、2030年6000万人という目標に向けて、訪日インバウンドの更なる強化を推進していきます。

 

こうしたインバウンド需要を取り込むためにも観光客をおもなす体制整備の一つとして、安心・安全でゆっくり買い物を楽しむことができるように表参道の交通規制を強化するべきであると思います。

 

この問題は成田市行政とだけではなく、地域住民の皆さんのご理解はもちろん警察との調整も必要となってくることから、引き続き関係各所との連携を図りながら、交通規制を推進していきたい思います。

 

また、先日東京2020オリンピックスポーツピクトグラムが発表されました。

(公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック組織員会HPより引用)

 

一目でどのスポーツかわかるユニバーサルデザイン(文化・言語・国籍や年齢・性別などの違い、障害の有無や能力差などを問わずに利用できること)、ピクトグラム(絵文字)となっています。

 

わたしは、成田市においても訪日外国人をはじめとした観光客を「おもてなす」ためにも、「石畳風舗装(道路区画線(白線))の排除」、「交通規制の強化」、そして、例えばお手洗いの場所や市役所、成田山などをわかりやすくご案内できるような「ピクトグラムの設置」を求めています。

 

増加が見込まれるインバウンドを少しでも成田市に獲得できるよう、観光地成田を目指し、成田街づくり塾や商工会議所青年部、成田青年会議所の皆さんたちと一緒になって盛り上げていくための体制整備に力を注いでいきたいと思います。

 

それではまた明日!

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員