具体的な5つの取り組み方針

03. 国際教育の充実により、国内外から「選ばれるまち成田」

国際空港都市である「NARITA」は、先んじて国際教育や国際交流、多文化共生社会を推進していくべきです。
雨宮しんごは、学生時代のニュージーランド留学や予備校講師の経験を活かし、国際都市にふさわしい外国語教育の充実を図ります。インターナショナルスクールの設置検討など、国際社会で活躍できる人材育成に尽力します。
また、海外企業はもとより外国籍社員を抱える企業であっても、成田市に事業拠点を移しやすい環境を整え、わたしが先頭に立って国内外のグローバル企業の誘致に全力を傾けます。

国際都市成田の実現

「国際都市成田」を名実ともに浸透させるため、外国語教育課程の見直しをはじめ、インターナショナルスクールの設置誘致の推進など、国際都市にふさわしいインターナショナル教育を推進します。
また、グローバル人材の育成には多文化共生に向けた教育が不可欠なことから、教育現場にも積極的に取り入れていきます。
外国語スキルはもちろん高い接客スキルも重ね持つ航空会社社員を、外国語と対人スキルを学ぶ非常勤講師として市が採用し、各学校でそのスキルを児童生徒が学ぶことができる環境を整備します。

【具体的な取り組み】

  • 外国語教育課程の見直し
  • インターナショナルスクールの設置誘致の推進
  • 多文化共生教育の推進
  • 外国語と対人スキルを学べる非常勤講師の採用
それぞれの個性に応じた教育改革の推進

子ども、ひとりひとりを大切にする教育、特に貧困の連鎖を断ち切る教育支援の充実を図ります。

【具体的な取り組み】

  • 貧困の連鎖を断ち切るために、生活保護世帯の児童への学習支援を実施します。
  • ひとり一人が将来の夢を具体的に考えることができる小・中学校での体系的なキャリア教育を実施します。
  • 市の各種計画策定において子ども・若者の参画を推進し、様々な経験を積むことができるまち、子ども・若者の意見が反映されるまちづくりを 進めます。
トップぺ戻る