Blog

雨宮しんごの活動日記

コロナ禍仕様の臨時議会で医療現場に2億円、子ども一人に1万円、市内事業者に一律30万円という14.7億円の成田市独自の大型緊急支援策が可決!

新型コロナウイルス関連

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

今日は臨時議会が開催され、新型コロナウイルス感染症に対しる成田市の緊急支援策14.7億円の補正予算を含む5議案について審査を行いました。

 

執行部、議員ともに必要最低限の人数で本会議に臨みました。(採決は全員参加)

 

成田市の独自支援についてはすでに報道されていますが、以下に概要をお知らせいします。

 

【成田市独自の緊急支援策】

①医療現場に2億円~地域医療対策事業~

新型コロナウイルス感染症対策の第一線で従事される成田赤十字病院、国際医療福祉大学成田病院に対対して1億円ずつ支援します。

対象経費は、新型コロナウイルス感染症患者に対応するための病床の確保を図るための費用やPCR検査など医療機器等の整備にかかる費用などとなっています。

 

②子どもに1人1万円~なりた子育て応援給付金~

休校などに伴い家計が圧迫されていることなどから家計支援として、児童手当に10,000円を上乗せ(所得制限なし)し、さらに18歳までの子ども追加支給対象としています。

 

③事業者一律30万円~中小企業等緊急支援事業~

市内の中小企業・個人事業主に一律30万円を支給するというもので、市内想定対象3,500事業者を想定しています。条件としては市税を納めるていることとし、今後のスケジュールとして5/15(金)に1回目の支払いが出来るよう調整中です。

 

続いて、小中学校の再開or延長の判断、国・県の支援策のスケジュールについてです。

 

●学校の再会・延長の判断

30日に臨時校長会議を開催するとしていて、そこで意思確認、翌日対策本部で意思決定されるので恐らく5月1日午後には再開か延長かの判断がなされるはずです。

いずれにしても、規則正しい生活支援(うちの子は切実w)、勉強支援は必須。このあたりもセットで説明を求めています。

 

●成田市の支援策のスケジュール

成田市は納税をしている個人事業主、中小企業に一律で30万円を支給するとしています。

支給開始は上述の通り5月15日~を予定です

手続きは郵送かホームページとしていて、5月3日の広報なりた特別号に詳細が掲載される予定ですの注目いただければと思います。

(家計支援の児童手当のうわの補助についても支給開始は広報を確認ください)

 

●国・県の支援策のスケジュール

千葉県の最大30万円の事業者への補助、そして、国の国民一律10万円(特別定額給付金)は30日の国会審査可決後に明らかになりますが、間に合えば5月15日の広報なりたで報告予定となっています。

チェックをお願いします。

 

※市川市などと同様、成田市においても今すぐ支給してほしい方を対象に、市が一時的に立て替えて10万円を前倒しして支給ができないか確認しています。

 

 

 

医療現場への支援金は恐らく全国初ではないかと思いますし、地域経済への支援は、千葉県よりも対象範囲が広く、より多くの方の支援につながります。

 

今回の支援策の予算規模はかなり思い切ったものであり、小泉市長の勇断に他なりません。

もちろん、今回の支援だけで今の冷え切った経済を立て直すことはできませんので、引き続き、会派の皆さんと知恵を絞り、成田市の観光、地域経済、医療、家計支援へと力を注いでまいります。

 

それではまた明日!

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員