Blog

雨宮しんごの活動日記

コロナ禍を成田市議会災害時対応マニュアルに準ずることに決定。今後は議会でもリモート会議が必要かも!?

新型コロナウイルス関連

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

会派代表者会議が開催され、議会運営委員長として出席させていただきました。

(会議開催にあたってはソーシャルディスタンスを意識し、全員がマスク着用で臨みました。)

 

新型コロナウイルス感染症の広がりを受けて会派政友クラブで協議し、さらなる長期化が予測されるため、昨年の台風災害時に議会として取り決めた「成田市議会災害時対応マニュアル」にコロナ禍についても準じるべきと一致し、議長に提案をさせていただいき、今回の開催となりました。

 

具体的には、主に「安否確認」、「情報の一元化」、「情報共有」となります。

 

それぞれ「安否確認」では、議員が罹患した場合、その恐れがある場合の動きについて確認し、「情報の一元化」では、議員が個別に各担当課に連絡するのではなく、問い合わせ事項については議会事務局に一度集約し、議会事務局から各担当課に確認し、その結果を議員に共有することになりました。

 

そして、「情報共有」については、議員が問い合わせた事項と執行部の対策本部での検討状況について、各議員に共有することになりました。

 

議員は役職柄、市民の皆さまから様々な問い合わせを受ける機会がありますが、こうした事態に各議員がのべつ幕無しに担当課に問い合わせてしまうと、行政職員の業務効率を低下させる恐れが生じてしまいます。

 

たとえば、同趣旨の質問事項について、複数の議員が問い合わせてしまうとそれだけで非効率になってしまいます。

 

そこで、質問を集約することで重複を避け、質問者以外の全議員にも情報を共有することが望ましいと考え、提案をしました。

 

また、現在成田市では「成田市新型コロナウイルス感染症対策本部」が設置され、感染症発生の予防及び拡大の防止に取り組んでいますが、そこでどのような検討が行われているのか、議員にも情報がほとんど入ってきていない状況にあります。

 

検疫関係は県や厚労省マターということもあって、市にも情報が入ってきていないということも仄聞しているのですが、それでも市で得られた情報や、市としての検討事項については、可能な限り情報の開示していただくよう求めました。

 

本日の議運において各会派からご理解をいただきましたので、以降は成田市議会災害時対応マニュアルに準ずることになります。

 

(ZOOMのロゴ)

 

民間では既にZOOMを多用しており、私も今日だけでZOOM会議が二件はいっています。

 

今後の状況次第ですが、ZOOMなどを活用したリモート会議の導入について、議会においても検討する必要性もでてくるかもしれません。

 

アンテナを高く持ち、事態に応じた議会運営について引き続き検討を進めていきたいと思います。

それではまた明日。

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員