活動日誌

それは最終手段だ

政治コラム

鎌倉市長の松尾たかしさんとは、全国若手市議会議員の会や林英臣政経塾などについて連携している同志ですが、鎌倉市の財政再建のために、とうとう手を付けるようです。

 

今後4年間、約107億円の財源不足を補うための政策として、市職員人件費を4年間、1律10%減額させるべく、組合と交渉に入っているとか。そして、これにより年間10億円超、4年間で40億円超の削減効果を狙っているとのことです。

 

人件費を削ることは、一番簡単に目に見えてアピールでき、効果を得られるものですが、部下の金に手を付けるというのは、経営者としては最終手段だといえます。

 

人件費を削減されれば職員の士気は落ち、結果として市民サービスにも影響が出ることは否めません。

 

 

全市民ですこしずつ、市民サービスを我慢して抑制し、財政削減ができなかったのか。

これ以上の行財政改革に踏み込む余地が本当にないのか。無駄がないのか。

そのツケは市職員で賄うべき性質のものなのか。

松尾さんは非常に優秀な方ですので、こうしたものも含め総合的に判断したのだと思いますが、大きな決断だと思います。

 

今後の経過についても、注視していきたいと思います。

< 前のページへ戻る

成田市長候補者

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長(現職)
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長(歴任)
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長

月別アーカイブ

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

トップぺ戻る