活動日誌

イスラエルが4回目接種!?新型コロ助は当分は蔓延るという認識の下で社会的対策の継続を。

政治コラム

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

イスラエルにおけるファイザーワクチンのブースター接種の効果を示す論文が出ました。

 

これによると、16才以上のすべての年齢層においてブースター接種は、COVID-19の感染リスクを10分の1以下に抑えるということです。

 

(宮坂教授より)

やはり、ブースター接種は新型コロ助の予防にきわめて有効であることがわかります。

 

 

流石に気が早いと思ったりもしますが、イスラエルは4回目の接種についても始めていくようです。

 

ですが、これだけ高い接種率を誇るイスラエルにおいても、社会生活においてマスク着用を義務付けないなど、社会的対策が講じられなかったために、新型コロ助の感染が拡大した経緯があるので、やはりワクチン接種だけで防ぎきることは、何回接種したところで難しいのではないかと思います。

 

新型コロ助は当分蔓延るという認識のもと、わたしたちはワクチン接種に加えて、マスクの着用や密を避けるなどといった社会的な対策を続けていくことが大切なのだと思います。

 

社会的な対策には、意味があるものとそうでないものが存在することもあります。

宮坂教授によると・・朝食の際にお客さんが個別にビニール手袋をはめて大皿から食事を取り分けるようになっていましたが、これはまったく不要

むしろ、大皿からの料理取り分けの際に皆さんがぎっちりと並んで「密」になっていたり、会場全体に客が入り過ぎていて、しかも一定時間後に空気の入れ替えをしていないことののほうがずっと心配でした。

入り口で手にアルコール消毒や検温をすれば「コロナ除け」になる、たとえ「顎マスク」でもしないよりはしたほうがいい、ぐらいに思っておられる方が多い。これでは意味がない

 

確かになぁ、と思えるものばかり。

 

年末年始となり人と会う機会も増えると思いますが、マスクの着用、三密の回避、そして十分な換気を行うことで、コロナ除けをしていきたいですね。

 

それではまた明日。

 

< 前のページへ戻る

第41代 成田市議会議長

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長(現職)
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長(歴任)
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長

月別アーカイブ

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

トップぺ戻る