Blog

雨宮しんごの活動日記

東京都で新たに2447人の感染者確認(陽性率13.6%)。年末年始のハワイはたったの475人、国際線95.5%減の衝撃。

成田国際空港のこと

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

今日は後輩がいよいよ選挙に出るという連絡をいただき、応援&激励に行ってきました。

 

コロナ禍での難しい選挙戦となりますが、今後も合間を見ては応援に駆け付け、当選後に若市議会議員の会のメンバーとして共に活動できるよう支援の輪を広げていくために汗をかいていきたいと思います。

 

さて、インパクトのある数字が出てしまいました。

 

今日の東京都における新型コロナの感染者数が2447人となったようです。

かなりのスピードで感染者数が増えているように感じます。

 

以下が東京都が発表した情報です。

 

 

やはり生産世代の感染が多いです。

どうしても感染者数の多さに目が行ってしまいますが、検査数が増えていることにも注目すべきです。

 

検査数→15374件

感染者数→2447人

よって、2447÷15374となるので、陽性率は15.9%となります。

 

陽性率の推移としてさほど上昇している印象はないので、検査数の増加による影響が大きいと思います。

 

とはいえ、検査をすれば15%の確率で感染が明らかになっていることからも、かなり市中感染が広がっているといえます。

 

今夜にも緊急事態宣言の決定が行われると思いますが、どの程度の制限が敷かれ、どの程度の補償、支援が出てくるのか注視したいと思います。

 

さて、少し空港の話題を。

先日、航空会社各社の年末年始期間(12月25日~1月3日:10日間)の旅客輸送実績が1月4日に出揃いました。

 

■ANA、国内線旅客数は58.4%減、国際線は94.9%減

■JAL、国内線旅客数は62.3%減、国際線は94.5%減

と、かなり厳しい結果です。

 

また、年末年始には多くの芸能人をはじめ観光客がハワイを訪れ、ハワイでの年越しやお正月を楽しんでいましたが、今年はわずか475人のみとなりました。

 

第3波、GOTOトラベルの停止、入国制限規制と、感染拡大の急速な進みにより、書き入れ時の航空需要は崩壊したカタチです。

 

壊滅的な状況が続く航空業界は、ほぼ1年近く現金を燃やし続けている状況が続いています。航空会社をはじめとした企業破綻を避けるためには、今回の緊急事態宣言を受けて移動制限を減らすことができない以上、強力な政府の支援が不可欠だと思います。

 

世界のインフラである航空業界にしっかりと目を向けていただけるよう、地元自治体としても声を上げていきたいと思います。

 

それではまた明日。

 

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員