活動日誌

自公大躍進!! 都議会議員選挙

政治コラム

7月の参議院選挙の前哨戦として位置づけられ、各党が国政選挙並みの態勢で臨んだ都議会議員選挙が投開票を迎えました。

結果についてはすでに報道されていますが、自公は擁立候補者全員が当選を果たすなど、過半数はもとより第一党を奪還しました。

さて、第三極と注目された日本維新の会は、当初、自公の過半数阻止を掲げ、その後みんなの党と合わせ第一党を目指すとし、その後、独自に議員提案が出来る11議席になり落ち着いたと思ったら、選挙戦が始まると「都議選勝敗ラインは3議席」としました。

結果的には2議席となり、議席を減らすことになりましたが、改めて橋下代表による慰安婦をめぐる問題発言などの影響の大きさを感じた次第です。

また、今回の都議会議員選挙では明治大学院時代の同志たちも現職、新人で出馬しました。

自民党の公認を得た同志については上記の通り言うまでもありませんが、逆風にある民主党の公認候補においても無事に当選を果たすことができました。

議会中ということもあり、思うように応援に入れませんでしたが、改めてここにみんなの当選を祝福したいと思います。

< 前のページへ戻る

千葉県議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長
  • ・・・歴任を含む

月別アーカイブ

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

詳しい県政活動はこちら あましんレポート
トップぺ戻る