活動日誌

若年世代にチャンスを(公務員採用抑制見直しへ)

政治コラム

最近は帰宅が日を跨ぐ日々ですが、気合を入れてがんばります。

 

さて、当時私のブログで民主党政権が公務員人件費削減の一環で採用を抑制したことについて批判した経緯がありますが、政権が代わり、この方針が見直されることになりました。

 

報道によるとこれまで民主党は21年度比で23年度が37%減の5333人、24年度が26%減の6336人、25年度が同56%減の3780人と決定し、26年度以降も抑制を続ける方針だったとのこと。

 

これだけの若年世代のチャンスを奪ってきていました。

 

どこの業界においても早期退職を募ることがあっても、若い目を摘み取るようなことはしません。なにより当時の民主党はマニフェストに『公務員給料20%カット』を掲げていました。それを棚上げにして、簡単にメスを入れやすい弱者たる若者のチャンスを奪うという手法は愚策以外の何物でもありませんでした。

 

ただ、だからと言って自民党が公務員に甘い政党というわけではなく、「公務員総人件費の2兆円削減」を公約に掲げています。

 

要はどこを絞るかという視点の違いです。

 

その意味では、その手腕に期待すると共に、動向を注視したいと思います。

 

< 前のページへ戻る

千葉県議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長
  • ・・・歴任を含む

月別アーカイブ

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

詳しい県政活動はこちら あましんレポート
トップぺ戻る