活動日誌

成田市内の保育園、幼稚園、小中学校の放射線量 8/24最新版

お知らせ

このほど最新報告を受けましたのでここにお伝えします。

 

測定日:8/15~23
機種:シンチレーションサーベイメータ

 


成田市議会議員 雨宮しんご オフィシャルブログ Powered by Ameba         成田市議会議員 雨宮しんご オフィシャルブログ Powered by Ameba

 

詳細について添付をご覧頂ければと思いますが、国際放射線防護委員会(ICRP)が原子力事故の収束段階で適用すべきとする年間限度量1~20ミリシーベルトの上限を根拠として文部科学省では、学校敷地内で受ける放射線被ばく量を、年間1ミリシーベルト以下を目指すとしています。

放射線医学学会研究所HPから引用した計算式によると

※ 年間人口放射線量の累計=(測定値-0.033)×365日×0.6

 

毎時0.23マイクロシーベルト以上が1年間以上続くと人口放射線量が1ミリシーベルトを超えることになります。

 

今回の結果を見ると、成田市内で24時間365日校庭に立ち続けたとして放射線被ばく量が1ミリシーベルトを超えるのは3か所であり、豊住小学校(0.33)と久住中学校・成田中学校(0.23)ということになります。

 

県職員からは「測定高度が上がるほど放射線量は高くなる。」と伺っていますが、いずれの3カ所とも、地表から5cmでの測定結果が最大であり、その他50cm・1mではそれ以下の測定値となっています。

 

以上のように測定結果が測定環境によって大きな変化が出てくることから、数値の信憑背も含め、引き続き数値の推移を注視してまいります。

< 前のページへ戻る

成田市長候補者

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長(現職)
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長(歴任)
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長

月別アーカイブ

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

トップぺ戻る