Blog

雨宮しんごの活動日記

国際医療福祉大の成田医学部校舎はピーエス三菱が設計施工

お知らせ

このことは、わかっていたことでもありますが正式に。

 

国際医療福祉大学の医学部校舎の設計施工を看護学部を

請け負っているピーエス三菱が設計施工することになったようです。

 

現在建設している医療大学を先日視察させていただき、短納期施工

を実現している工法について説明を受けました。

 

今回の医学部新設についても非常にタイトなスケジュールで

進められており、当該事業者が施工しなければ国の示す

スケジュール感に合わせることは困難だろうと思っていましたので、

順当だろうと思います。

一方で、まだ医学部新設における学校法人の公募は行われて

いませんので、建設は行われますが、依然として同大は最有力

候補にととどまっています。

 

なお、公募は内閣府が今秋にも行う予定です。

【10月にも準備工事着手】

 国際医療福祉大学(栃木県大田原市)は、千葉県成田市に新築する成田キャンパス医学部校舎の設計施工をピーエス三菱で進める。11月にも準備工、2016年1月ごろにI期本体工事を着工する。17年4月の開学を見込む。II期工事は16年上期に着手し、18年度中の完成・供用開始を目指す。

 施設はI期工事でRC造6階建ての1-2年生棟、II期工事でRC造11階建ての3-6年生棟を建設し、2棟を渡り廊下で接続する。規模は延べ約4万8550㎡。1学年の定員は140人を予定している。

 建設地は京成本線・公津の杜駅北口にある成田市公津の杜4-2-1~5の敷地1万4827㎡。土地は成田市が京成電鉄から22億7600万円で取得しており、大学に無償貸与する。

 同大は、その東側で成田看護学部・成田保健医療学部の校舎建設(設計施工=ピーエス三菱)も進めており、16年4月に開設する。

 このほか、成田国際空港西側の「畑ヶ田地区」の土地約18haに成田病院(仮称)の新築も計画している。

 

規模は地下1階地上11階建て延べ約9万1000㎡、病床は600床を想定している。設計者は未定。土地は市から無償で借り受け、17年上期から工事に着手する予定だ。東京オリンピック・パラリンピックに先立つ20年4月の開業を目指す。

 

成田市議会議員

雨宮しんご

 

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員