Blog

雨宮しんごの活動日記

成田富里いずみ清掃工場焼却炉運転停止トラブルのその後

お知らせ

6月の一般質問で論陣を張った清掃工場停止問題にかかる

検証結果についても報告がありました。

 

3月に発生した1号溶融炉の表面温度の上昇の原因は、溶融炉の

耐火材が局部的に消耗、一部欠落していたためでした。

事故後は、運営事業者である成田富里環境マネジメント株式会社に

報告書を提出させ、その内容を廃棄物処理の技術的支援団体である、

公益社団法人全国都市清掃会議に検証を依頼していました。

 

今回は、その検証結果が届いたのですが、それによると・・・

 

(事業者の責任)

耐火材補修の瑕疵保証期間は3年であるため、損傷部分の補修と

再発防止策は事業者の責任である。また整備点検計画が策定

去れておらず、計画的な維持管理が行われていなかった。

 

とあります。

一方で、

 

(成田市の責任)

ゴミ処理の計画量は5万5821トンであったのに対し、実際は10%増の

6万1393トンであったことにより、稼働超過となった。これにより、

点検期間が十分に確保できなかったことは炉の停止の一因。

 

とのこと。

 

この検証結果を踏まえて、原因及び責任の所在、さらには

補修工事期間中の臨時焼却先として民間施設に処理を委託した

経費の分担割合を成田富里環境マネジメント株式会社と協議して

いくことになります。

 

 

いずれにしても、対市民という意味においては、事故による

市の廃棄物処理行政の停滞とその責任は、最終的には市が

負うべきことになりますので、二度とこうした事態を起こすことの

ないよう、十分に再発防止策の徹底に注力いただきたいと思います。

 

成田市議会議員

雨宮しんご

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員