Blog

雨宮しんごの活動日記

振り込め詐欺集団の標的にならぬよう

お知らせ

振り込め詐欺が巧妙化しており、被害が後を絶ちません。

先日も、とうとうオリンピック詐欺が発生しました。

 

本当に、気を付けなければなりません。

 

●5月には、7000万円超の被害
千葉県警成田署は13日、成田市内の無職男性(78)が計15回にわたり、現金計約7436万円をだまし取られる詐欺被害に遭った、と発表した。現金は犯人とみられる男らの指示通り、日本郵便の「レターパック」で郵送したという。

 

 発表によると、4月4~28日、男性の携帯電話に「(あなたの)預金に監査が入り、早く移し替えないと没収される」「口座を開設したのでレターパックで送金してくれ」と、別々の男から連絡があった。

 

 男性は指定された東京都渋谷区の送金先に現金を計15回、郵送。同月28日と今月2日、それまで連絡を取っていた電話番号にかけたがつながらず、不審に思って息子に相談。7日に警察に届け出たという。

●6月は500万円の被害

 成田署は18日、成田市の無職男性(73)が現金500万円をだまし取られる振り込め詐欺事件があったと発表した。

 

 同署によると、5月半ばごろ男性宅に株式購入申込書が届き、その後、証券会社社員を名乗る男らから「申込書を譲ってほしい」などとうその電話があった。男性は今月16、17日に自宅でタナカを名乗る男に株購入代金として現金500万円を手渡したという。

 

 その後、さらに男から「あと3株買ってくれないか」とうその電話があり、男性が18日に郵便局で現金150万円を下ろしたところ、不審に思った局員が同署に相談。署員が男性宅に駆け付け被害を防いだ。

 

 現金を受け取りに来た男は20歳ぐらいで身長約170センチ。黒っぽいスーツを着ていたという。

 

成田市が標的にされているわけではないと思いますが、報道で被害状況をみるとターゲットは千葉県といったところではないかと思います。

そうしたところで、成田市が下記がスタート。

 

●迷惑電話チェッカー貸し出し 成田市、振り込め詐欺対策で

 成田市は振り込め詐欺対策の一環として、詐欺や迷惑電話の発信元となった番号を識別する機器「迷惑電話チェッカー」を試してもらう市民モニターの募集を始めた。番号表示対応の固定電話加入者が対象で、先着100人に、利用料も含めて無料で貸し出す。

 

 この機器を扱う通信会社「ウィルコム」、成田署と連携した取り組み。アンケートへの協力も条件で、貸し出し期間は2016年3月末まで。希望者は市役所2階の交通防犯課で申し込み、使用方法の説明を受けて自分で取り付ける。

 

 千葉県警などが提供して更新される「ブラックリスト」の番号からかかってくるとランプや音声で警告し、着信音も鳴らない仕組みという。

 

 

抑止効果がどこまであるのかはわかりかねますが、一助にはなるのではないでしょうか。

 

成田市議会議員

雨宮しんご

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員