活動日誌

空港対策特別委員会 前年度比で発着容量は約2万回減便!

成田市議会の話

今日は空港対策特別委員会が開催され、当該委員会の委員として出席しました。

 

空港対策特別委員会では、内陸空港であるがゆえの騒音問題をはじめとした空港周辺の問題や、地域振興策についての協議・検討する機関で、先般の羽田の国際化についても地元自治体の議会としても声を上げてきました。

 

こうした国の航空政策の転換への対応をはじめ、成田空港問題への対応には継続的な議論が必要になることから、成田市議会においてもこれまで同様に特別委員会を設置し、空港の動向や対策を注視、協議していくことになりました。

 

さて、今日の委員会では5件の報告がなされましたが、特に航空取扱量の11年度見込みについてお伝えします。

 

2010年度実績と比較すると、発着回数については10年度が19.1万回だったのに対して、11年度は17.3万回と約10%と約2万回減少する見込みです。

 

また、旅客数についても10年度が3252万人だったのに対し、11年度が2607万人と約20%減となる見通しとなっているようです。

 

さらに、連結業績見通しについても営業収益が前期比で262億円減となる1616億円、営業利益も前期比244億円減となる76億円に、さらに前期99億円だった当期純利益は32億円の損失と減収減益となっています。

 

単月で見ても、先月5月実績では、外国人利用者は前年同月比で52%減にまでなっています。

 

今回の想定は福島第一原発事故の問題が収束に向かい、年度末には復興需要による日本経済の回復が条件となっていることから、今後の情勢によってはさらなる影響も想定されます。

 

 

 

 

< 前のページへ戻る

第41代 成田市議会議長

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長(現職)
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長(歴任)
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長

月別アーカイブ

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

トップぺ戻る