活動日誌

予算決算分科会かで議論深化を!

視察

今日は議会運営員会の行政視察に参加、横須賀市議会に伺いました。

 

 

視察内容は予算決算の常任委員会化についてで、成田市議会

において現在検討している項目です。

 

 

成田市では現在、30名の議員から12名のメンバーを選出して

予算・決算特別委員会を設置することで予算・決算議案を

すべて審議しています。

 

 

これに対して横須賀市議会では予算・決算を常任委員会化し、

全体会・分科会を設置することで議員全員が審議に加わり、

割り振られた分野を担当して審査に臨んでいます。

 

 

この横須賀方式のメリットは、膨大な予算・決算関連議案を

分科会することにより、全議員が審議に加わることになるため、

成田市議会の方式よりも、議論の深化が期待できます。

 

 

また 成田はその都度、予算委員・決算委員を選出していますが、

全員委員会にすることにより同一議員が予算・決算審査を行うことに

なるため、よりチェック機能が強化されることも期待できます。

 

 

一方でデメリットについて伺うと、

 

 

・理事会の開催などにより定例会の日程が延長された。

・部門別開催のため説明書類作成が増えるなど行政の手間が若干増えた。

 

 

というものでした。

 

 

これらは、いずれも議会や行政の都合であり、市民の皆様にとっては

適切な説明資料が提出されて、より深く丁寧な議論がなされたために

会期が延長されることは、むしろ歓迎されることであり、民主主義の

コストともいえるものだと思います。

 

 

ただ、分科会の数よりも構成人数が少ない会派については、

所属していない分科会の審査に加わることができないという点

が指摘されており、この点については留意することが必要であり、

分科会の同時開催を避けるなど工夫が求められると感じた次第です。

 

成田市議会議員

雨宮しんご

 

 

< 前のページへ戻る

成田市長候補者

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長(現職)
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長(歴任)
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長

月別アーカイブ

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

トップぺ戻る