Blog

雨宮しんごの活動日記

サブブランド感プンプンの「ahamo」には期待薄。感染拡大防止に向けて入国者専用車両は早期実現を!

成田国際空港のこと

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

今日から委員会審査がスタート。

 

午前中は新市場整備・輸出拠点化等調査特別委員会、午後からは私が所属している建設水道常任委員会あが開催されました。

 

市民要望、庶務をこなして夜からは商工会議所青年部の次年度役員会と当年度の執行部会議に参加し、自宅に戻ってからZOOMでリモート会議に参加とバタバタな一日でした。

 

さて、私はドコモユーザーではありませんが、先日ドコモが発表した「ahamo」は結局ドコモのサブブランドイメージしかないですね。

 

 

 

使用端末にも規制がかかって自由じゃないし、ドコモユーザーがこれに加入すると、長期間ドコモを使ってきた人の利用期間も「リセット」って、せっかくの長期契約割引の恩恵が消えてしまうことになります。

 

政府の顔色をしっかり忖度する優等生のドコモらしくないなぁ。

 

これは、サブブランドで負けていたソフトバンクの「ワイモバイル」、そして、AUの「UQ」に抗戦すべく、開発中だったサブブランド「ahamo」を投入しようとしていた矢先に、政府の意向を汲んだように見せかけて自社ブランドに強引に組み直し入れた感がプンプンの設計です。

 

なにより、本当に価格だけで勝負しようとするなら、知名度こそありませんが「日本通信」が発表した1980円が今のところ圧倒的なコスパです。

 

 

通信範囲、通信速度が気がかりですが、そのあたりが担保されるならこちらが良いと思います。

 

菅総理、そして総務省がやりたがっているのは、あくまでもメインブランドの価格引き下げです。

ドコモの今回の小手先の策略に騙されないでほしいなぁ。

 

続いてこちら。

 

 

 

政府により、入国制限がだんだんと緩和されつつありますが、国の検疫体制では、移動時における公共交通機関の使用自粛を国は「要請」しているだけで「強制」はできていません。

 

ここには、罰則もなければ法的拘束力もありません。

 

そのことを思うとき、せっかく検疫強化を図っても「ザル」と言われても致し方ないので、入国者の負担軽減と、近隣住民の不安払拭のためにも、専用の移動手段を用意していただくことはありがたく、早期の調整をお願いしたいと思います。

 

それではまた明日。

 

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員