活動日誌

2023年を歩き

千葉県議会のこと

いよいよ今年も残すところあと数時間となりました。

 

この令和5年は政治の道を志してから17年目の年であり、年齢も45歳と節目の年でもありました。

 

「節目」という意味では、市議会議員から昨年末には市長選挙に臨み落選。年が明けて今年の春、紆余曲折を経て県議会議員選挙に臨むことになりましたが、みなさまの多大なるご支援により当選を果たすことができました。

 

まさに雨宮しんごとしては「挑戦」と「激動」の一年でした。

二度の大きな選挙戦を経験し、改めて政治家としての責任の重さを噛みしめております。

市議会議員としての約16年間、「成田市を前に進めるため」だけに全力で取り組んで参りました。

 

そして今、県議会議員として千葉県全体から成田市を改めて俯瞰しつつ最適な政策立案に取り組むやりがいと意欲に燃えています。

 

自分を顧みた時、たとえ小さな一歩であったとしても、昨日よりは今日、今日よりは明日と自身を高め、信任をいただいた皆さまにはもちろん、そうではなかった市民の皆さまにもご期待をお寄せいただける人間になれるように、片時も職責に恥じぬよう精一杯取り組んでおります。

 

さて、先日ブログにも書きましたが、今年は成田空港及び周辺地域の取り組みとして土地利用規制の弾力化など、空港の機能強化に向けた動きが進みだしました。

 

多古町をはじめ成田市においても国際物流施設拠点施設が整備されることは大きな一歩です。

 

一方で、機能強化に対応した人員確保が大きな課題となっています。地域みらい投資促進法では物流施設の誘致のみであり、居住地の整備は含まれていません。

 

この岩盤規制への風穴を開けられるよう、しっかりと役割を果たしていきたいと思っています。

 

県議会内においては、商工労働常任委員会をはじめ各種議員連盟に所属して活動しております。

 

早速、成田市でのインバイトセミナーを誘致したり、中小企業への施設整備補助金のスキーム作りに携わるなど、16年間の市議会議員としての経験をフル活用して励んでおります。

 

引き続き、成田国際空港を活用した観光政策や労働政策、空港周辺インフラの整備など千葉県予算をしっかりと成田空港、成田市へと向けていただけるよう、熊谷俊人千葉県知事とも連携して取り組んでまいります。

 

皆様が安心して日々の生活がおくれるよう、命や健康をまもり、社会生活、学校生活など日々の暮らしが豊かになるよう、全力を尽くしてまいります。

 

引き続きご支援、ご指導を心よりお願い申しあげます。

皆様にとりまして、来年が健康で素晴らしい年となるよう、心よりご祈念申し上げます。

改めて本年いただきました数々のご厚情に心より御礼申し上げます。

 

令和5年12月31日

千葉県議会議員
雨宮しんご

 

< 前のページへ戻る

千葉県議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長
  • ・・・歴任を含む

月別アーカイブ

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

詳しい県政活動はこちら あましんレポート
トップぺ戻る