活動日誌

成田空港2023年度中間決算は、国際線の大幅回復で4期ぶりに黒字化!

千葉県議会のこと

皆さんこんにちは、千葉県議会議員の雨宮しんごです。

今日も議会、4人が登壇し県政課題について質問が行われました。

 

さて、成田国際空港についてです。

コロナからの回復により、実に4期ぶりとなる黒字化を達成したとの報告を受けました。

以下はヤフー報道からの引用となります。

成田国際空港会社によると、2024年3月期中間連結決算(2023年4月~9月)について、国際線の発着回数及び旅客数が前年同期を大幅に上回ったことから、営業収益は前年同期の531億円から997億円となり3期連続の増収。

営業利益は前年同期の170億円の損失から43億円に、中間純利益は前年同期の185億円の損失から36億円となり、4期ぶりに黒字化を達成した。

セグメント別では、空港運営事業が、空港使用料収入および旅客施設使用料収入が増加したことから、営業収益は前年同期比61.2%増の418億円。営業損失は135億円。

リテール事業は、直営店舗の物販・飲食収入、構内営業料収入とも大幅に増加したことで、営業収益は前年同期比318.3%増の422億円、営業利益は115億円。

施設貸付事業は、検疫所への貸付面積が減少したことなどから、営業収益は前年同期比8.8%減の142億円、営業利益は前年同期比21.2%減の58億円。

2023年10月、外国人旅客数が10月として過去最多に!
また、2023年10月の航空旅客数も発表されました。

全体では前年同月比82%増の301万人となった(2019年同月比15%減)。

国際線旅客数は同124%増の232万人(同22%減)。このうち、外国人旅客数は同260%増の156万人(同3%増)となり、10月として過去最多。国内線旅客数も同12%増(同16%増)となり、同じく10月として過去最多となった。

発着回数については、国際線が1万1432回で2019年比では21%減で完全回復には至っていない。国内線は2019年比4%増の4326回。

成田国際空港会社では、2023年度通期の国際線旅客数を前年度比105.3%増の2783万人、国内線旅客数を同9.6%増の763万人と予想。営業収益を同52.7%増の2006億円、53億円の営業利益を見込む。

 

なお、業績予想につては据え置くとしています。

 

< 前のページへ戻る

千葉県議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長
  • ・・・歴任を含む

月別アーカイブ

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

詳しい県政活動はこちら あましんレポート
トップぺ戻る