Blog

雨宮しんごの活動日記

成田ふるさとまつりも中止。ワクチン後進国からの払拭なるか!?自衛隊が大規模接種センター設置へ。

新型コロナウイルス関連

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

地元ニュータウン地区の夏の風物詩、「成田ふるさとまつり」も中止の連絡をいただきました。

 

各種団体などの「総会」さえ書面やリモートなどに置き換わっているので、人を集めないお祭りなんてやる意味がないですからね。。。

 

太鼓祭り、祇園祭りに続きふるさとまつりなど、今年も軒並みにイベントが「中止」・「延期」に追い込まれているので、その連絡をいただく度に胸が詰まる思いです。

 

コロナの収束が見通せないことや感染拡大防止の観点もさることながら、成田市は「観光」と「空港」の両面から飲食店をはじめとする地域経済は大打撃を受けているので、そうした状況下でお祭り開催に不可欠な『寄付を募る』ことなんてできないのが実情もあります。

 

政府によればGW明けから、毎週1000万回分のワクチンが日本に届く予定で、高齢者のためのワクチンについては承認が想定通り進めば、6月末までに65歳以上の高齢者全員2回接種分のワクチンが届くとのことです。

 

ワクチンが届くとなれば、次の課題はそれぞれの自治体における接種体制の整備です。

十分なワクチンが届いた折には速やかに希望者が摂取できるよう、体制整備を求めていきたいと思います。

 

また、コロナワクチン接種を予約するにあたってのQRコードの読み取り、その後の入力のわずらわしさなどいくつかのご意見もいただいていますので、それらについても行政に共有し、市民の皆さまが申し込みしやすいように改善を求めていきたいと思います。

 

何かありましたら、些細なことでもご相談いただければと思います。

 

こうした中、いよいよ自衛隊が動くようです!

 

やはり一気に接種を進めていくためには、国が主導した方が圧倒的なスピード感を出すことができると思います。

 

平等・公平という観点もありますが、まずは感染拡大エリアとされている東京や大阪などの高齢者から優先的に接種いただいたほうが、守れる命が多いのではないかと思ったりもします。

 

河野太郎大臣も、平等・公平が一面では仇となって接種が進んでいないと指摘されています。

自衛隊の投入による大規模接種センターがうまく機能することを願ってやみません。

 

引き続き、市民の皆さんの声に耳を傾けて、不安の払しょくや課題の改善に向けて動いていきたいと思います。

 

それではまた明日。

 

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員