活動日誌

生サツマイモをフライヤーに入れると焼き芋!?「Dr.Fry」にモノづくり日本の底ヂカラを見た!

盛り上げよう成田市

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

今日は市内の飲食店の方々と都内へ。

エバートロン社「Dr.Fry」のデモンストレーションを観に行ってきました。

 

こちらは、日経トレンディをはじめとした雑誌はもちろん、「がっちりマンデー」や「ガイアの夜明け」などでも取り上げられているフライヤーに設置するだけで揚げ物に革命を起こすという話題の商品です。

 

この「Dr.Fry」は、既存の普通のフライヤーにただ設置するだけというとても簡単な器械で、水分子について40年間研究を続けた結果4年前にようやく自由水、そして結合水のメカニズムを理解、操作できる装置を発明できたということです。

 

 

油が具材にしみこまないので生のサツマイモを180℃油に入れて7分経後・・・。

表面の油をふき取ると・・・焼き芋ができてしまいます。

 

  

「Dr.Fry」の前では「水と油」という言葉の意味を疑いたくなってしまいます。

水浸しの絹ごし豆腐、冷凍サンマをそのままフライヤー入れても水分子が適切に管理されることにって、油跳ねがありません。

 

このデモンストレーション会場もビルの7階、ダクトも専用ダクトではなく普通のオフィス用の換気扇があるだけです。

(しかも、油跳ねしないという理由で、ダクト掃除は年末の大掃除以外はやらなくても大丈夫なんだとか。)

 

  

生のイカを入れて2分半待つと、きれいにふっくらしたイカ揚げではなく、油をふき取るだけでイカ焼きができるという不思議な「Dr.Fry」。

 

デモンストレーションを観るまでは正直、「そんなことがあるわけないじゃん!だまされませんよ!」と疑ってかかっていたのですが、その期待を良い意味で裏切ってくれました。

 

恐らく、まだ知らない方がこのブログを見ても、解説しているわたしを詐欺師のように思うか、騙されかわいそうに・・・と思われてしまうんだろうなぁと自身のボキャブラリーの乏しさを悲観しつつ、

「だけど、ここまで革新的だと逆に言葉伝えることの難しさを感じる。」次第です。

 

当日のデモンストレーションには韓国や中国からもバイヤーが多く来ていました。

日本の革新的な技術を日本に広がる前に海外に持っていかれるのは悔しい限り。

国内導入済み店舗では、ライバル店にこの技術を広めたくないからと「Dr.Fry」を導入していることを隠して契約されることもしばしばあるようです。

 

これから外国人観光客が押し寄せる地、観光立市を目指す成田市においては、「食」はキラーコンテンツといっても過言ではありません。

 

なんとか成田の飲食店の皆さんにお勧めしたい!

そして、ものづくり日本の底力を感じた一日でした。

 

実は成田にもすでに設置店があるんですよ♪

気になった方は、ぜひ動画などをチェックしてみてください。

 

それではまた明日!

< 前のページへ戻る

千葉県議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年)
    10月31日生
    血液型/B型(さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員
  • 成田市議会 第41代議長
  • 成田市議会議員 4期
  • 関東若手市議会議員の会 会長
  • 成田商工会議所青年部 会長
  • 成田青年会議所OB
  • 中学校PTA会長
  • ・・・歴任を含む

月別アーカイブ

2024年

2023年

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年

2011年

詳しい県政活動はこちら あましんレポート
トップぺ戻る