Blog

雨宮しんごの活動日記

富士山だけじゃなかった!関東若手市議会議員の会2020研修 in 山梨へ!うどん部のみなさんの吉田うどんに舌鼓♬

全国若手市議会議員の会

みなさんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

この二日間は、関東若手市議会議員の会2020研修 in 山梨に葛生議員、小高議員と共に参加してきました。

 

1コマ目の研修では、「織物文化と歴史を活用した地域新興」と題して官民連携の地場産業振興について富士吉田市産業観光部商工振興課及び西桂町の槙田商店さんに、伝統技術のブランディング、マーケティングについて伺いました。

 

 

  

超有名ハイブランドのOEMも手掛ける槇田商店さん。

 

槙田商店さんは、伝統の郡内縞、甲斐絹の機織り機に、一人一人手仕事の技術によりつくられる傘づくりについて、製造工程並びにマーケットの現状をざっくばらんにお話しいただきました。

 

行政からは地方創生交付金を活用して取り組んだハタオリマチのハタ印プロジェクトについて詳細を伺いました。

 

やはり商品を売るのではなく、商品のストーリーを売ることが大切なのだ思いました。郡内織物や甲斐絹は、夏目漱石著「虞美人草」に登場していて、天然素材の中でも最も細い糸であるシルクを用いた高級織物産地として今日まで引き継がれています。

 

なかなか私が手を出せる代物ではありませんでしたが、

 

・流通を巻き込んだ商品開発と販路拡大

・ブランドを取り戻すための積極的な情報発信

・準備工程・貸機さんの高齢化に伴う廃業への対応

 

といった3っの目標に、オーブンファクトリー(工場見学と直接販売)、ミートウィーバー(メーター単位で織物が発注できる)、オーダーテキスタイル(準備工程を含む仕事が発注できる)に取り組んでいました。

 

大手にはできない、こまわりの効くサービスの提供で、伝統の郡内織物を今日まで誇れる地場産業として、守り継承してきていることに感銘を受けました。

 

歴史を知り、伝統を守り伝えるために、挑戦を続けることの大切を感じた次第です。

 

 

その後は、富士山ミュージアムにて、ナイトタイムエコノミーへの取り組みについて伺い、若手市議会議員の会のメンバーたちと夜の街を歩き親交を深めました。

 

翌日は関東若手市議会議員の会の役員会に臨み、県立ひばりが丘高校うどん部の取り組みについてお話を伺いました。

 

 

 

「吉田うどん」を守り、広めるために立ち上がったうどん部の皆さんのが繰り広げる数々の取り組みに感心すると共に、ここでも、ストーリー作りと情報発信、マーケティングなどについての取り組みを伺いました。

 

 

もう、自分の子どもをみているような気持ちになって、何を話していても「かわいい」の一言。

そんな、うどん部の皆さんが汗をかいて頑張っているとなると、地域の人はもちろん、みんなメロメロになってしまうわけです。

 

 

実際にうどん部の皆さんによるお手製吉田うどんをご馳走になりました。

馬肉とは思えない柔らかさ、「ほうとう」とは一線を画す、太く、硬い麺に舌鼓を打ったのでした。

 

この日の山梨は16℃。

2月にこのレベルで観ることができる富士山は奇跡なのだとか!

 

 

今度はゆっくりプライベートで家族と一緒に探訪し、ものづくり体験などをして吉田うどんを食べにきたいなぁ、思わせてくれた魅力たっぷりな一泊二日の山梨研修でした。

 

設営いただいた山梨ブロックの皆さんに感謝申し上げます。

それではまた明日!

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員