Blog

雨宮しんごの活動日記

ダブル大臣辞任について

政治コラム

今日は決算特別委員会の予備日として抑えていましたが、

予定通り昨日で審査が終わったため、今日は担当課との

打ち合わせをこなしたり、たまっていた庶務を久しぶりに

こなすことができた一日となりました。

 

さて。

 

政治家の不祥事が事を絶ちません。

 

地方議会から端を発した野次問題、政務活動費の

不正使用が国会議員、それも二人の女性大臣に

発覚し、遂には辞任に至りました。

 

第二次安倍内閣としては最大の躓きです。

 

松島元大臣のうちわビラについては、

救いようがありません。

 

紙に棒が一本ついているだけかと

思っていましたがしっかりと柄があり、

骨が入っているとのこと。

 

制作工程から見てもビラという認識はできないでしょう。

 

そして、警察が立件できなければ良いという

雰囲気が醸し出されているのも納得がいきません。

 

この問題、我々地方政治家が行った場合は、

ほぼ間違いなく5年間の公民権停止です。

 

財産価値があるとかないとかという問題よりも、

法の番人ともいえる立場の方が、この姿勢では

国民が納得しないのではないでしょうか。

次に、小渕元大臣を巡る騒動についてですが、

政治資金報告書については秘書と会計責任者が

実質的にこなしています。

 

もちろん、最終的には代表者たる小渕氏に

監督責任があるわけですが、政治家としては

数ある業務を分担し、100%信じて当該業務を

任せることで、自身は政治活動に打ち込んでいる

わけです

 

ですから「認識が甘い。」と言われれば返す言葉は

ないのでしょうが、

 

現実的には会社の社長が財務を税理士に任せされて

いるように、

 

全てのチェックを大臣という激務をこなしている中で

現実に出来たのかというと、それはやり難しかった

のではないかと思ってしまいます。

 

とはいえ、監督責任者が代表者であることは言うまでも

ありません。

 

襟を正して邁進し、再起を期待したいと思います。

それにしても。

 

内閣改造時に毎回行われているこの手の調査。

 

ミスや間違いを取り上げて揚げ足取りをするのではなく、

真実や事実を踏まえたうえで、どう修正させるか、

正すべきなのか。

 

という視点から、落ち着いて行うべきだと思うのは

私だけではないのではないでしょうか。

成田市議会議員

雨宮しんご

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員