Blog

雨宮しんごの活動日記

国際医療福祉大学の医学部(医学科)の出願受付スタート。来年も高倍率は必至か!?医学部長の自信は「学生!」

人気記事

皆さんこんにちは、成田市議会議員の雨宮しんごです。

 

国際医療福祉大学の来年度の医学部の一般入試と大学入試センター試験利用入試の出願受付が12月10日(月)から開始されています。

 

なお、一般入試の出願締切は2019年1月11日(金)、大学入試センター試験利用入試の出願締切は2019年1月18日(金)となっています。

 

詳細はこちらをご覧ください。

 

aettt

旺文社のサイトによると、国際医療福祉大学医学部の志願者数は募集人員の27倍にもなっており、人気のほどがうかがえます。

 

そして、受験者数もさることながら、偏差値もかなり高いです。

以下は、河合塾など予備校さんのサイトから私がまとめました。

 

kokufukudairankingu

 

イメージしやすいように国立として「千葉大学」を入れておきましたが、私立大学(医学部)のなかでは国際医療福祉大学は上位に位置しています。

 

そんな成田市に新設された国際医療福祉大学(成田キャンパス)をこれまで何度か視察させていただいていますが、その時にとても印象的だったのがこちらです。

 

「国際医療福祉大学を視察 医学部長 曰く『うちの自慢は施設・設備ではなく学生です!!』」

http://www.ama-shin.net/blogs/5860/

 

27540964_1617076275046498_7127472788895160438_n

(医学部生のみなさんとの意見交換。)

 

施設や設備も本当に最新機材が投入されているのですが、それにもまして国際医療福祉大学の自慢を「学生」とおっしゃる医学部長の言葉を今でも思い出します。

 

だからこそ面接に力を入れられているのではないかと推測しますが、受験という壁を乗り越え、晴れて国際医療福祉大学の生徒となられる皆さんは、学生生活において知識や技術だけではなく、学長お墨付きの人間性も身に着けられるでしょう。

 

2020年には国際医療福祉大学の附属病院も開院が予定されているなど益々進展する国際医療福祉大学成田キャンパス。

 

国際医療福祉大学への受験を検討されている皆さんには、受験勉強にみごと打ち勝って入学され、将来の医師として活躍されることを今から期待しています!

 

頑張ってください!!

成田市議会議員

雨宮 しんご

Shingo Amamiya

  • 昭和53年(1978年) 10月31日生 血液型/B型 (さそり座)
  • はくと幼稚園・成田市立吾妻小学校
  • 吾妻中学校・平成3年「少年の翼に入団」中国国際交流
  • 千葉県立富里高等学校
  • ニュージーランドPapakura High Schoolへ1年間留学
  • 高千穂商科大学・明治大学大学院 修士
  • 成田青年会議所・成田商工会議所青年部
  • 日本サーフィン連盟公認インストラクター
  • 海上安全指導員